Safety

Volkswagen オールイン・セーフティ

Volkswagen オールイン・セーフティ

「安全性能は、すべてに優先する」。
Volkswagenがいつの時代にも掲げているこのテーマを支えるのが、
総合安全制御のコンセプトVolkswagen オールイン・セーフティです。
なによりも事故を起こさないための「予防安全」。
万が一の事故のダメージを軽減する「衝突安全」。
そして、事故が起きた後の被害を抑える「二次被害防止」の
3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を展開しています。
その安全思想は、もちろんTiguanの全てのグレードに採用され、
アダプティブクルーズコントロール“ACC”を始め、
プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”など、
最先端の安全技術を標準装備しています。

Volkswagen オールイン・セーフティ : TSI Highline、TSI R-Lineの場合

Volkswagen オールイン・セーフティ : TSI Highline、TSI R-Lineの場合

予防安全

なによりも事故を起こさ ないための「予防安全」。

Special Movie (chapter 1)

New Tiguanの魅力を表現したスペシャルムービー。
チャプター1では、安全性能をメインにご紹介しています。

※動画の車両は現行仕様と異なります。

動画内に登場したTiguanの安全性能

ACC

アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高感度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間 距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステム は渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能*。作動状況は メーターディスプレイで視覚的に確認できます。

*:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上

ACCらくらくドライビング♪

ACCの実験動画をご案内。

Traffic Assist

渋滞時追従支援システム

“Traffic Assist”はドライバーがあらかじめ設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持するようサポートすることができます。この機能をオンにすると交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況において、システムは自動的にアクセル、ブレーキおよびステアリングを制御し、渋滞時や長距離移動におけるドライバーの疲労やストレスを和らげます。

*:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。

※起動速度 30km/h 以上 作動速度 0~60km/h
※作動条件ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること
Highline、R-Lineに標準装備 Comfortlineにオプション設定

Lane Assist

レーンキープアシストシステム

フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線を モニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知する と、ステアリング補正を行いドライバーに警告します。メーター ディスプレイには走行車線マーキングを表示し、ドライバーの ステアリング操作をサポートします。

*:ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することができます。

※起動速度 65km/h 以上 作動速度 60km/h 以上
※作動条件ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること
Highline、R-Lineに標準装備 Comfortlineにオプション設定

より運転を快適に

Front Assist

プリクラッシュブレーキシステム(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音・警告灯による注意喚起を行います。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速5~65kmでの走行中には歩行者検知機能が作動し、時速5~30kmの速度域においてはシティエマージェンシーブレーキ機能が作動します。エンブレムに内蔵されたレーダーセンサーが車両だけでなく歩行者も検知し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。

*:作動速度 5km/h以上

Side Assist Plus

レーンチェンジアシストシステム

リヤバンパー左右のレーダーセンサーにより車両後方約70mまでの範囲で周辺の状況をモニタリング。 車両の斜め後ろの死角エリアに車両が走行している場合、ドアミラーの専用インジケーターが点灯。 ドライバーが気付かずに検出車両の方向にウインカーを作動させると点滅に切り替わり、ドライバーの注意をミラーに引き寄せます。 また、検出車両の方向に進路変更しようとするとステアリングを自動で補正して軌道を修正し、他車との接触を回避します。

※作動速度 10km/h以上
Highline、R-Lineに標準装備 Comfortlineにオプション設定

Special Movie (chapter 2)

New Tiguanの魅力を表現したスペシャルムービー。
チャプター2では、苦手な方が多い縦列の駐車支援をご紹介しています。

※動画の車両は現行仕様と異なります。

動画内に登場したTiguanの安全性能

Park Assist

駐車支援システム

縦列駐車・車庫入れの駐車時に、駐車可能スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステムです。 さらに、縦列駐車からの発進の際も、同様に車両が自動でステアリング操作を行い、発進をサポートします。

Area View

アラウンドビューカメラ

運転席からでは視認しにくい周囲の情報を、映像で提供するシステム。フロント・左右サイド・リヤの4台のカメラにより、 車両を上空から見下ろしているような合成画像をディスプレイに表示。

駐車をより安全に

パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、後退時衝突軽減ブレーキ機能付)/
オプティカルパーキングシステム

センサーにより障害物などを検知してディスプレイと警告音で知らせるシステム。障害物との距離や位置を表示して、駐車時の安全な操作をサポートします。さらに、後退時衝突軽減ブレーキ機能*を”ON”にすると、後退時に障害物に近づいて衝突の恐れがある場合、自動的にブレーキを作動させ衝突を回避または衝突の被害を軽減させます。

*:作動速度 10km/h以下

Rear Assist

リヤビューカメラ

ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。 画面にはガイドラインが表示され、車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポートします。

Special Movie (chapter 4)

New Tiguanの魅力を表現したスペシャルムービー。
チャプター4では、予防安全の中の「危機回避」をメインにご紹介しています。

※動画の車両は現行仕様と異なります。

動画内に登場したTiguanの安全性能

ESC

エレクトリック・スタビリティ・コントロール

“安全の第一歩は、事故を未然に防ぐこと。クルマが安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まります。フォルクスワーゲンは危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備。ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムです。

ESCの有効性は世界中で認知され、ヨーロッパやアメリカを始めとする各国で義務化が進んでいます。 日本でも2012年10月以降、段階的に義務化することが決定しています。
※イラストは機構説明用につき実際のものとは一部異なります。

ダイナミックライトアシスト

フロントカメラで対向車・先行車の位置や距離を算出し、その結果に基づき、適切な状態でヘッドライトの照射エリアを細かく調整。対向車や先行車のドライバーを眩惑することなく、前方の路面と路肩を広範囲に明るく照らすことができます。

※起動速度 60km/h以上
Highline、R-Lineにオプション設定

より高度な安全機能

ダイナミックコーナリングライト

ロービームを点灯し10km/h以上でカーブを走行する際、ステアリング操作に連動して作動するダイナミックコーナリングライトを搭載。ヘッドライト照射角を進行方向へと向け、適切に照らし出します。

*:Highline、R-Lineに標準装備

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

バックで出庫する際の安全性を大幅に高めるシステムです。駐車位置から後退 で発進する際、リヤバンパーに内蔵されたレーダーセンサーにより車両後方の 交通状況をモニタリングし、死角から接近してくる車両を検知した際、警告音にて ドライバーに注意を促します。ドライバーが反応しなかったり、ブレーキ操作が 不十分な場合には、自動的にブレーキを作動させます。

※作動速度 1~12km/h 後退時
Highline、R-Lineに標準装備 Comfortlineにオプション設定

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

事故が起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えるのがプロアクティブ・オキュパント・プロテクション。急制動や 極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高めます。 同時にウインドーを閉じ、万が一の衝突が起きた際、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるように備えるシステムです。

ドライバー疲労検知システム

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。 疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。

※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。
カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

衝突安全

万が一の事故のダメージを軽減する「衝突安全」。

もしもの衝突時の衝撃を和らげる。
9エアバッグ

運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、前席/後席の「サイドエア バッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」に 加え、運転席には「ニーエアバッグ」を標準装備。合計9個のエア バッグが、万一の衝突の際に高い乗員保護性能を発揮します。

もしもの衝突時の衝撃を和らげる。
9エアバッグ

運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、前席/後席の「サイドエア バッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」に 加え、運転席には「ニーエアバッグ」を標準装備。合計9個のエア バッグが、万一の衝突の際に高い乗員保護性能を発揮します。

事故の瞬間、ベルトをタイトに締める、
そして緩める。
フォースリミッター付シートベルトテンショナー

衝突時、シートベルトを瞬時に巻き上げて身体をしっかりと支え拘束効果を高めます。その後、フォースリミッターがベルトを緩め、必要以上の負荷がかからないようにします。

二次被害防止

事故が起きた後の被害を抑える「二次被害防止」。

アクティブボンネット

歩行者との衝突を検知すると、瞬時にボンネットの後端を数cm持ち上げてエンジンとの間のスペースを拡大。歩行者の頭部への衝撃を低減させるシステムです。

※作動速度:25~55km/h

ポストコリジョンブレーキシステム

衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を10km/h以下になるまで減速*させて、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。

*:車両を最大0.6Gの範囲内で減速します。
※ポストコリジョンブレーキシステムの制御には限界があります。このシステムは追突などを自動で回避するものではありません。また、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

※これらのシステムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。